社団規約

HISA社団規約

規 約
第 1 章 総    則
(名  称)
第 1 条 このクラブは、一般社団法人飯能インターナショナル・スポーツアカデミー(HISAクラブ)
(以下「HISAクラブ」という。)と称する。

(事 務 所)
第 2 条 HISAクラブの事務所を埼玉県飯能市稲荷町21番10号103 (株)BSP 内に置く。
第 2 章 目    的

(目  的)
第 3 条 飯能市、飯能市近郊に存在する、または勤務する、就学する人へ、スポーツ環境等の整備を通し
豊かなスポーツ文化の振興及びスポーツコミュニティの場の提供を目的とする。
第 3 章 事    業
(事  業)
第 4 条 クラブは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 健全な心身の育成、並びに健康促進
2. スポーツ才能豊かな児童・学生への高度な指導支援を実施する環境の提供
3. スポーツを通し、世界で活躍できる人材の育成
4. 飯能市、飯能市近郊の方へのスポーツコミュニティとしての場の提供
5. 飯能市、飯能市近郊の方への豊かなスポーツ文化の振興およびスポーツ実施のための環境の発展
6. 各種スポーツ団体との交流を深める
7. 多世代へ向けて多種目スポーツ実施のための環境支援事業
8. 総合型地域スポーツクラブの普及・発展に関する事業
9. 行政機関、他のスポーツ団体と連携したイベント等の開催
10.飯能市、飯能市近隣地域のスポーツコミュニティ事業、関連サービス/イベント等事業
11.社員または社員の関連する団体・法人へのスポーツ環境の提供事業、
   並びにスポーツ指導を支援する事業、関連イベント等の実施事業
12.その他、前条の目的を達成するのに必要な事業

第 4 章 会    員
(会員の資格)
第 5 条 クラブの会員となるためには、次の要件を備えていなければならない。
 (1) HISAクラブの目的に賛同する者。
 (2) HISAクラブの定める諸規定を遵守する者。

(会員の資格の喪失等)
第 6 条 会員の資格は、脱退、除名、死亡によって喪失する。
 2 会員が脱退しようとする場合には、書面をもって会長に届け出るものとする。
 3 会員の資格は、他に譲渡できない。

(除  名)
第 7 条 会員が次の各号に該当する場合は、運営委員会の議決を経て除名することができる。
 (1) 法令またはHISAクラブ規約等に違反したとき。
 (2) HISAクラブの名誉を著しく毀損し、またはHISAクラブの目的に反する行為をしたとき。

(入会手続き)
第 8 条 HISAクラブに入会しようとする者は、別に定める所定の手続きにより申し込むものとする。
また、入会後、入会申し込み時の記載事項に変更が生じた場合は、速やかに届け出なければならない。

(会費の納入)
第 9 条 HISAクラブに入会しようとする者は、別に定める年会費を納入しなければならない。

(会費等の不返還)
第10 条 既に納入した会費及びその他の拠出金品は、理由の如何を問わず返還しない。
第 5 章 組    織
(役  員)
第11条 HISAクラブに次の役員を置く。
 (1) 名誉会長 1名
 (2) 名誉会長 2名
 (3) 理事長  1名
 (4) 理事    3名以上20名以内
 (5) 監事 1名以上2名以内
 2 HISAクラブに顧問を置くことができる。

(役員の選任及び任期)
第12条 
理事または会長、副会長の任期は、選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
定時社員総会の終結の時までとし、再任を妨げない。
2 監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会終結の時までとし、
再任を妨げない。
3 理事は、第20条第1項に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、
新たに選任された者が就任するまで、なお理事としての権利業務を有する。

(役員の補欠)
第13条 HISAクラブの役員に欠員が生じた場合は、総会において選任する。
 2 補欠として選任された理事の任期は、前任者の任期満了する時までとする。

(役員の任務)
第14条 役員の任務は次のとおりとする。
 (1) 理事長は、HISAクラブを代表しクラブを統括する。
 (2) 理事は、理事長を補佐し、理事長事故あるときはその職務を代行する。
 (3) 監事は、会計を監査する。

第 6 章 会    議
(総  会)
第15条 総会は、会員をもって構成し、クラブの最高議決機関とする。
 2 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
 3 通常総会は毎年1回開催する。
 4 臨時総会は、次の各号のいずれかに該当する場合に開催する。
(1) 理事長が必要と認めたとき。

 5 総会は、理事長が招集する。
 6 総会の議長は、出席した会員のうちから選出する。
 7 総会は、次に掲げる事項について審議、議決する。
 (1) 規約の制定及び改廃
 (2) 事業計画及び予算
 (3) 事業報告及び収支決算の承認
 (4) 役員の選任及び解任
 (5) その他、HISAクラブ運営に重要な事項

(表 決 権)
第16条 総会における議決の行使ができる者は、当該会計年度の期首に満18歳に達した者とする。

(総会の議決)
第17条 総会の議事は、表決権を行使できる出席会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は、
議長の決するところによる。

(運営委員会)
第18条 運営委員会は、運営委員をもって構成し、次に掲げる事項について審議し、議決する。
 (1) 総会から委任された事項に関すること。
 (2) 総会に付議すべき事項の原案作成に関すること。
 (3) 専門部会の設置及び同部会への付託事項並びに委任事項に関すること。
 (4) HISAクラブ運営上、緊急に議決する必要のある事項に関すること。
 (5) 前各号に定めるもののほか、理事長が必要と認める事項に関すること。

(指導者協議会)
第19条 HISAクラブ指導者の資質の向上と交流を図るため、指導者協議会を置くことができる。

(事 務 局)
第20条 HISAクラブに次の事務局を置き、理事長が任命する。
 (1) クラブ マネジャ-  若干名
 (2) 事務局員      若干名
第 7 章 会    計
(会  計)
第21条 HISAクラブの会計は、次のものをもって支弁する。
 (1) 年会費
 (2) 参加費
 (3) 事業等による収入
 (4) 国、県、村等からの補助金
 (5) 寄附金
 (6) その他の収入

(財産の管理)
第22条 HISAクラブの会計は、事務局が行う。

(会計年度)
第23条 クラブの会計年度は、毎年7月1日に始まり、翌年の6月30日に終了する。

第 8 章 自己の責任
(自己の責任)
第24条 会員は、クラブの活動に際し、クラブの諸規定及び施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。また盗難、傷害等の事故が起きた場合は、クラブ及び指導者等に対し一切の損害賠償を請求しないものとする。

(保険の加入)
第25条 会員は、スポ-ツ安全保険に加入するものとする。クラブは、その活動中の傷害に対し、スポ-ツ安全保険の対象範囲内でのみ対応するものとする。

第 9 章 補    則
(補  則)
第26条 本規約に定めのない事項及び運営上必要な事項は、運営委員会の議決により別に定める。

(附  則)
この規約は平成27年7月1日から施行する。
 
体験レッスン・入会の申込フォームへ戻る